ワンダーウォーカー 歌詞

詞・曲: 新田 一央


周りと違う 歩幅と リズムで
Keep on walking So walking どこまでも
静かな優しい 木漏れ日の中で

振り返るとそこに 曲がりくねった道
遠回りで拾った 涙も連れて
不確かな世界でも 信じられたよ
自分の付けてきた 足跡だけは

進んでいくことは 離れること
離れていくことは 近づくこと
その道に合わせ 履き替えて
過ぎる風 感じて行くよ

周りと違う 歩幅と リズムで
Keep on walking So walking どこまでも
いつか 分かち合えるように
Carry on Carry on
癒えそうもない痛み 噛み締めて
Keep on walking So walking 歩いていこう
肩を並べた笑顔と 光の中へ

雨上がりの虹へ 泥濘み越えて
多少汚れていくけど 独りじゃないなら

進んでいくことは 変わっていくこと
変わっていくことは 怖いこと
震える足で 胸張って
景色に 手を振ったよ

残酷にも 忘れていく世界で
Keep on walking So walking どこまでも
忘れたくない 記憶描けるように
Carry on Carry on
涙を思い出して 笑って
Keep on walking So walking 歩いていこう
道の途中で叶えた 夢の中で 

時に木陰で 一息ついて
また立ち上がり 顔を上げた時
架かる虹の先で 誰かが振り返り ここを眺める
鏡で知るその瞳が 見たい足跡 今 刻んでいこう

自分が選ぶ 歩幅と リズムで
Keep on walking So walking どこまでも
いつか 分かち合えるように
Carry on Carry on
かけがえのない痛み 抱きしめて
Keep on walking So walking 歩いていこう
肩を並べた笑顔と 光の中へ

向かい風の中だって 笑って踏み出すWalker
輝く虹の向こうへ キセキで繋いでくWalker