阿波パレード 歌詞

詞・曲: 新田 一央


例年通りに 蒸し暑く 額の汗 そのままに
花火よりも濃い 命の光

踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにゃ損損
限りある時で 鼓動高鳴らせ

Big summer festival It's AWA DANCE!!
鳴り物に包まれ 夢を乱舞
The HOTTEST festival is AWA DANCE!!
これぞ クールジャパン

パレードは また始まり 祭りが 宵を貫き
夜を焦がす魂を 繋ぐ
季節が 巡り巡って また出会える その時まで
より美しく 舞えるように


祭りで乗れなきゃ 後の祭り 年に一度の 晴れ舞台
溢れ流れくる 滾る血潮

Big summer festival It's AWA DANCE!!
鳴り物に包まれ 夢を乱舞
The HOTTEST festival
Is AWA DANCE!!
魅せる クールジャパン

パレードは 遠く連なり 祭りが 笑顔を咲かせ
夏を揺るがす心に 集う
景色が 移ろおうとも 今日の日に 出会えたことを
誇りとして 刻めるように

パレードは いずれ途切れ 祭りが 終わりを告げて
残り香と 静寂の海で 偲ぶ
いつか 終わる旅でこそ 命の今を 輝くように
自分自身の 彩りを踊り 自分らしく 魂を奏でて

パレードは また始まり
夜を焦がす 魂を繋ぎ
季節が 巡り巡って
パレードは また始まり