Road of A SUN 歌詞

詞・曲:新田一央


阿波と讃岐の真ん中 阿讃山脈の大大自然
あせびの香りに溢れてる この板野のまちで

辛く険しい峠も 越えてきたんだよ いくつも
飛べない生き物は 今日もまた 背中に道を描く

明日に多くの 夢があることを 祈る
今 色のない世界でも

僕らは 歩いて(歩いて) 見つけて(見つけて)
迷って(迷って) 失くして(失くして)
涙の先に 光があるかも見えなくて
それでも 歩いて(歩いて) 信じて(信じて)
描いて(描いて) 笑って(笑って)
今日の雨風にも いつかありがとうを言えるように

木々は各々色付き 秋を着飾った あすたむらんど
変わりたい生き物を乗せて 季節と地球は巡る

冷えた記憶も 温めていたんだよ
いつか 色づいて煌めくように

旅路を歩いて(歩いて) 見つけて(見つけて)
迷って(迷って) 失くして(失くして)
涙の先も 太陽は照らすと祈って
心を繋いで(繋いで) 信じて(信じて)
描いて(描いて) 笑って(笑って)
失くした大切が 胸に灯りをくれたように

お日さまも 森も海も 吉野の流れも
野うさぎも 虫も鳥も 色とりどりの花も

強く生きているから 今 強く強く輝いて

僕らも 今日の命の旅路を
歩いて(歩いて) 見つけて(見つけて)
迷って(迷って) 失くして(失くして)
涙を越えた笑顔なら 輝くと知っていて
心を繋いで(繋いで) 信じて(信じて)
描いて(描いて) 笑って(笑って)
出会えた優しさに いつもありがとうを言えるように

君と歩んでいた道が 光り続けていくように